お知らせ

『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』感想レビュー※ネタバレ注意

スポンサーリンク

映画情報

邦題:ドラゴンボール超 スーパーヒーロー
原題:ドラゴンボール超 スーパーヒーロー
公開年及び国:日本(2022年)
上映時間:99分
監督:児玉徹郎

<キャスト>
孫悟空・孫悟飯:野沢雅子
ピッコロ:古川登志夫
パン:皆口裕子
ブルマ:久川綾
ベジータ:堀川りょう
ガンマ1号:神谷浩史
ガンマ2号:宮野真守
Dr.ヘド:入野自由
スタッフ 原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明

<概要> 
弟子夫妻に子守を押し付けられながら平和に日々を送っていたピッコロは、ある日、謎の人造人間からの襲撃を受けた。調査の末、レッドリボン軍という悟空と因縁の組織が、強力な人造人間を使って世界征服を企んでいることが判明する。すぐにビルスの元で修行している悟空とベジータを呼び戻そうとするのだが、こんな時に限って二人と連絡がつかないのであった…

こんな人にはおすすめ!&おすすめしない!

<こんな人におすすめ>
・アクションや戦いが観たい
・ドラゴンボール超が好き、ピッコロが好き
・ずっと見てなかったけど久しぶりにドラゴンボールが観たい

<こんな人にはおすすめしない>
・悟空とベジータが活躍して欲しい
・ドラゴンボール超が嫌い
・敵に善良さを求めていない
・セルが好き

評価

【個人的な評価】

ストーリー
★★★★☆☆☆☆☆☆

画面映え
★★★★★★★★☆☆

ユニーク
★★★★★★★★★★

今回の映画は何といってもピッコロ&悟飯の師弟コンビが大活躍です! 二人の日常も垣間見えて微笑ましいですね。さらに敵にも悪以外の感情があり魅力的です。ただ、ラスボスに台詞がないため、そこが非常に残念でした…

【ネットなどでのおおよその評判】

悟飯とピッコロさん大活躍で師弟ファンは嬉しい
人造人間たちがかっこいい!かわいい!
過去のオマージュが懐かしい

苦労せずにパワーアップするのが拍子抜け
セルに台詞がないのが…
ピンチの度合いが足りない

ピッコロメインの映画って初なんですよね。ファンは大歓喜です!さらに人造人間たちも結構人気あったりするんですよ。でも一方で、お手軽にレベルアップしちゃうのが嫌な派も。そもそも超はピッコロが丸くなりすぎていて嫌という人も結構いるんですよね…

あらすじ

破壊神に目を付けられたり、修行したフリーザがリターンしたり、色々と忙しい地球でしたが、平和な一時が訪れていました。悟飯は昔からの夢である学者になり、娘のパンももう3歳。ピッコロは人里離れたところに住み、弟子に文句たらたら言いながらその娘の面倒を見てあげていました。

ところがある日、ベジータ級に強い人造人間からの襲撃を受けます。どうやらレッドリボン軍とかいう悪の組織であることは分かったのですが、なんと悟空やベジータを地球に呼び戻すことに失敗。地球にいる自分と悟飯とで何とかしなければいけなくなってしまいました。

人造人間は全部で3体、倒すには悟飯のパワーアップが不可欠です。しかし、ほっといたらバトルを求めて勝手に強くなっていく父親の悟空とは違い、悟飯は戦いを好みません。そのパワーを引き出すためには、誰か大切な者のピンチが必要であると経験上悟ったピッコロは、悟飯の愛娘パンを誘拐するというレッドリボン軍の作戦に加担するのでした。

みどころ① 映像技術の没入感がすさまじい

アクション系のアニメなので、とにかく映像が美しいです。戦闘シーンとかそうなんですが、カメラワークの臨場感がすごいんです(あと今回だけだと思いますが、効果音がアメコミチックで面白いという一面も)! 最終的にでかいクリーチャー同士の殴り合いになるし、とにかく迫力があります。

また、武空術してるときの景色と視界がいいんですよ。SFチックな建造物も多いからなおさらですね。ほんと、ゲームのムービーみたいな感じ。すげえ、ドラゴンボールの映画…って感動しました。

そしてやはり、バトルの視点切り替えとエフェクトが激しい。技も、ジャイアントスイングは昔からあった気がするけど、ブレーンバスターとかボディスラムって初めて見た気がする。パワーボムもしてるか?これ…(見間違いだったらメンゴす)。音もすごいですよ、人造人間殴る音とピッコロさん殴る音違うもんな。個人的に、ピッコロさんが敵を蹴りやすいところに掴んできて蹴ったおすアクションかっこいいですよ!

因みに没入感の理由は、ちょいちょい視聴者語りかけ目線になるところだと思います。ピッコロさんがこっち向いてグッとサイン出したりとか、バトルの最中に一人称視点になる時とかがあります。悟飯の大技で一人称視点になったのびびりましたね。サイヤ人ってこんな感じで技出してんのかい!ってなるので是非見てみて欲しいところ。

見どころ② ただ悪いだけの敵ではない

ポケモンなんかでも最近そんな気配がありますね。敵はもちろん人に迷惑をかける悪い奴なんだけど、実は事情がある…みたいな情状酌量の余地があるんです。これすごいのが、序盤で死体を改造したり服役中に敵を殺害しているにも関わらずヘド博士、わりと人気なんですよ。99分でそれ帳消しにできるのすごすぎないか

あと、人造人間たちも悪い子ではないというか、むしろヒーロー属性の強い子たちなので一種の微笑ましさがあるんですよね。強さは超のベジータくらいやってピッコロさんが言うてました。冷静なのが1号、おちゃめ系が2号です。かっこよさにこだわったり、ボディタッチが多かったりするので2号の方が人懐こい感じがしますね(ちなみにフリーザとザーボンのオマージュがあります)。

↓この子ら、フィギュアも出てるもんなあ…これはゲーセンのプライズ品ですね。

当然、彼らは悪のマゼンタとは相反するところがあります。彼らはヘド博士の組み込んだヒーロー仕様のせいで、相手が悪人じゃないと混乱するのです。でも、彼らが一番好きなのはヘド博士なので、敵は倒さないとならないし…という葛藤とも戦っています。

見どころ③ いつもどおりの展開じゃない

ドラゴンボールって大体流れというか、セオリーがあるじゃないですか。

やべえ敵が来てピンチ! 皆で頑張ったけど無理でした

悟飯がピンチ! ピッコロさんが「ごはーん!」って来たけどやられる

ベジータがすごい頑張ったけど無理でした

悟空が登場。「かめはめ波~!(あと元気玉とか)」「お前がナンバーワンだカカロット!」
敵、撃破。大団円!

大体こんな感じの流れのこと多い気がするんですけど、今回違うんですよ…悟空とベジータっていつも最終決戦で派手に活躍するんですが、それが一切ないんですよね。亀仙流とか界王以外の技でトドメ決まったの今回が初めてじゃないのか?!と思ったんだがどうでしょう(ベジータとか頑張ってる映画あったらごめん)。

実は超って描いてる漫画家さん変わってるんです、鳥山明先生から(ただしスーパーヒーローは鳥山明先生の脚本)。ドラゴンボールの原作後半くらいでも、悟空って「次世代がどうにかしないと」みたいなこと言ってるし、そういう意味でもすごい感慨深い映画でした。

あと、オマージュもちょいちょいあってそれも昔からのファンには嬉しいところでしたね。ご飯がポタラを取り落して「あっあっ」ってなるやつとか、ラディッツ戦の腕やられるとことか。

でもクリリンはもうちょっと活躍してもよくない?! あと天津飯とか! 因みに超の天津飯、ほんとにかっこいいです。衣装もいいし、最終局面あたりまでレギュラーにいたし。

見どころ④ ピッコロと悟飯の活躍が多い!

悟飯とピッコロさんの現状なんですが…悟飯は家庭をもって妻のビーデルさんと娘のパンちゃん3歳と暮らしており、ピッコロさんは神殿じゃなくて地上の人里離れたところに暮らしています。前情報にもありましたが、ナメック星人の家みたいなのに住んでるんです。

で、その家ってぬいぐるみがいっぱい置いてあるんですよ。これですね。
今はもう再販も終わってて値段がつり上がってしまいましたが…

因みに壁にはパンちゃんが描いた「ピッコロさんが魔貫光殺砲撃っているところ」の絵が貼ってあります。そしてピッコロ、まさかのスマホ所持。しかもカバーが可愛いんですよ、これなんですけどね。

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー ぺネンコ スマホケース iPhoneSE対応| プレミアムバンダイ
気分はピッコロ!?なスマホケース。ドラゴンボール超での人気劇中アイテムが登場!

実はピッコロさんは3歳になるパンちゃんのお守をしておりまして、そのお礼にぬいぐるみをもらっているようです。予告編にも出てたけど、子供のお迎えに行けないご飯にカチキレてました。ここ予告編に持って来たのまじで正解やな…だって昔からピッコロ知ってる人だったら面白そうって絶対思うじゃないですか(自分もです)。ちなみに悟飯の使っていたマグはたぶんこれです。

2009年の一番くじの『一番くじ ドラゴンボール改 ~対決編~』のD賞だと思います。
偶然、同じものを所持していたんですよ…悟飯が使っているやつより一回り小さいやつですが。

一番くじ倶楽部|BANDAI SPIRITS公式 一番くじ情報サイト
日本全国のコンビニエンスストアや書店、ホビーショップなどで販売している オリジナルグッズが当たるハズレなしのキャラクターくじ!必ずいずれかの商品が手に入ります!さらにお店で最後のくじを引くと特別なラストワン賞が手に入ります!

ピッコロさんは実は超の方で絶賛パンちゃんのベビーシッターをしておりまして、アニメの『第43話 悟空の「気」が制御不能!? パンのお世話で四苦八苦』にてそのプロベビーシッターぶりを見ることができます。ベジータもそうですが、原作終盤あたりからピッコロも相当丸くなりましたよね、子煩悩というか。これめっちゃいいことやなって思う(後述します)。

ところで悟飯のいいところって、本気出したら一番強いのに本人がバトルを積極的にしないというところだと思うんですが、今回はその本気ぶりが存分に見られましたね! 超の力の大会でも悟空やベジータに譲ってばっかりだったんで、ポテンシャル高いのにもったいないといつも思っていたんですが…

今回凄まじい進化遂げましたね。あれ、スーパーサイヤ人3の上のアルティメット悟飯(老界王神様に上げてもらった能力)よりも上らしいんですよ。しかも、ピッコロさんにもスーパーサイヤ人みたいな機能が搭載されましたね!

悟空やベジータのインフレがすごいんで、この二人にさらなるインフレが訪れたと思うとめちゃくちゃ嬉しいかぎり。

感想・考察

レッドリボン軍ほんとに息が長いですね。ドラゴンボールは初代→Z(後に改変されて「改」)→超→GTみたいな流れになっているのですが、実は初代の頃の敵組織。それがZ(改)の時代の後編にも出て、また超の時代にも出てくるという…この「懐かしっ!」っていうのがいいよね、昨今のドラゴンボールは。

レッドリボン軍って、やばい人造人間を作れる科学者をお抱えにしたのが強いですね。Dr.ゲロ(人造人間16-19号とセルを作った人)の孫のDr.ヘドというのが今回のキーパーソンなんですが、彼って根っからの悪役で世界征服狙ってるとか、祖父のような純然たるマッドサイエンティストとかいうと、そうでもない。悪人なのにヒーローオタクっていうのが面白いですよね。

一方ピッコロさんたちZ戦士は平凡に暮らしていました。ピッコロさんがパンのお迎えにいったりとかね。ピッコロ師匠、赤ちゃんの頃からパンちゃん可愛がっているからね…離乳食作って絵本読んで子守歌歌ってるの確定してますし、生まれてばかりの頃なんか「べろべろぶわぁ~」とかしてましたから。でもそもそも、改のブウ編で悟天トランクスあたりの面倒だってたくさん見てんねんな。

で、なんやかやピッコロさんが敵の基地に潜入するんですが…変装って珍しい姿ですよね。GTでダサい私服着ているのは見たことあるのですが、アニメや漫画で変装って初めての気がする。ちなみに、ジクソーパズルではすげえかっこいいスーツ着てますし、カードでもスーツ着てますね。


1000ピースジグソーパズル ドラゴンボール超 ドレスコード 《廃番商品》 エンスカイ 1000T-66 (51×73.5cm)


スーパードラゴンボールヒーローズ SH7-SCP4 ピッコロ SCP

それにしても、この映画の一番ええとこって、いつも頼りにしているサイヤパパ二人を呼ばなかったところなんですよね!(おかげでブルマに怒られて触覚しょぼーんてなるピッコロさんも見られるよ!)

ところで超からだと思うんですが、みんな外見がイケメンぽくなってませんか。クリリンも腕ほっそいし、ピッコロさんもボディほっそいんですよ。ベジータも足長くなったし…あと顔面殴られた時の顔がイケメンのままですね! 昔のフリーザ様とかマジュニアとか、ボッコボコにされてたのになあ。

そういえば映画観てて気になったんですが、誰かが雑談している間に話が進んだりしているんですよね。尺の都合上かと思ったけど、多分これ難しい話してるときにちびっ子が飽きちゃうからそのための工夫なんやろな…映画の脚本の本で「プールで泳ぐローマ法王」とかいう手法って聞いたことあるぞこれ。

あと、これも超になってからだと思うのですが、かめはめ波とかの衝撃波を突破できる敵が出てきた気がするんですよ(原作にもいたらスマン)。超の力の大会のナメック星人のサオネルとか。そういえばナメック星人が絡みついてる隙に相棒が攻撃当てる手法、サオネルとピリナやんな。サオネルとピリナかっこいいよな…別世界線のピッコロさんとスラッグ(昔の映画に出てきた悪いナメック星人)っていわれているらしいですし。

↓スラッグ出てきた映画はこれです

それにしても、ピッコロさんにまだ伸びしろあったのいいですよね!ご飯もスーパーサイヤ人の上みたいなのになってましたし(後で知りましたがビーストというらしいです)。ピッコロさんも弟子の成長に「お前のそれ(変身)もいいじゃないか」とか言ってて和んだ。多分今後は悟天とトランクスあたりがどんどん強くなるのかと思われます。確かあの二人って剣使うとかいう話だった気がする。

ところで、結構な数の視聴者がピッコロさんって言いますよね。

でも皆、悟空のことはカカロットって言わないじゃないですか。ベジータだけじゃないですか、その呼び方するの。悟空はベジータのライバルというより地球人の最強救世主としての側面が強いからカカロットって呼ぶことはないよなって思うんです(勿論理由はそれだけじゃないと思います)。

じゃあピッコロさんのことピッコロさんって言うのは主に誰かというと、悟飯とかビーデルさん、トランクス、悟天、あとはデンデとかの子供世代なんです。前線に出ている親サイヤ人とかその奥様方もみんな大人はピッコロ呼び。子供に優しい師匠的な一面と、前線で戦う大人の戦士としての一面があるけど、視聴者がより親しみやアイデンティティを感じるのが前者なのかなと(当然、ピッコロ呼びする人もいます)。

実は子供世代って大抵の大人をさん付けして呼びますが、クリリンは「クリリンさん」よりも「クリリン」の方が視聴者に浸透しているんです。クリリンさんの「さん」とピッコロさんの「さん」って性質が違う気がするんですよね。悟飯もパンも悟天もトランクスも、ピッコロさんから何かしら教わっているんです。褒められもしてるし、怒られもしてるんです(さすがにパンちゃんはまだ怒られてないけど)。

昔から知っている人なら先生ポジは亀仙人や界王様というイメージだと思うんですが、これからドラゴンボール見ていく子たちはピッコロさんを先生ポジだと思っていくわけじゃないですか。三世代目のパンちゃんの師匠でもあるし。この、世代が変わっていくのがいいですよね…

サイヤ人の子供達ってピッコロさんもう超えてるだろうから、これ今後どうなっていくんやろうな…超って結局悟空とベジータと、あと他の宇宙の子の強さばっかりやったし…と思っていたんですが、ピッコロさんの方が寿命が長く、しかもまだ伸びしろがあることが判明したのでほんとに今回の映画良かったです。因みにピッコロさんってたしか悟飯と5つくらいしか歳違わない。

コラム 原作以外でピッコロさん活躍するやつ

自分がさくっと調べた限りでは以下のあたり。(全部観たので後日記事あげます)

VSスラッグ『スーパーサイヤ人だ孫悟空』

VSウィロー『ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』

VSガーリックジュニア『ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせ!!』

※ガーリックジュニアについてはドラゴンボールZ(映画じゃないアニメ版)の方でも活躍してくれます。

Amazonプライムで見る

↓こちらからアマゾンプライムの該当ページに飛べます。

DVD等関連グッズ

フィギュア買いました。ピッコロさんってフィギュアめちゃくちゃたくさんあったんで調べるのも大変でした。色々検討したんですが、アクションフィギュアがいいと思いフィギュアーツを選択。フィギュアーツのピッコロさんは3種類ありまして、自分が買ったのは以下のものです(昔のやつで中古しかなかった)。今度紹介しますね。

フィギュアーツは他にも以下の2種類がありますよ!でもやっぱり昔のやつなので中古しかない…
これらはカラーと顔が全然違います。どうせ三体全部買うから、買ったら比較記事書く予定。

因みに、動かない系のフィギュアではこれがおそらく一番ええ感じだと思われます。

マジュニアもフィギュアあるんですけど、これめっちゃいいですよ!ほんとにアニメのワンシーンって感じで。

そしてオレンジピッコロさん、フィギュアーツになるそうです。買うわ。

『ドラゴンボール 超スーパーヒーロー』S.H.Figuarts オレンジピッコロがニューヨーク・コミコンで参考出品!フリーザ 第三形態も! | 電撃ホビーウェブ
アクションフィギュアシリーズ「S.H.Figuarts 」より、『ドラゴンボール』S.H.Figuarts オレンジピッコロ、フリーザ 第三形態の情報が公開!ニューヨーク・コミコンで参考出品!

あと、円盤はこちらになります。色んな特典ついてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました