お知らせ

3年日記帳を購入した話。

スポンサーリンク

日記帳のメリットとは

実は今年から日記帳をつけようと思いまして、元旦よりずっと地道に日記をつけ続けて3ケ月が経とうとしております。正直、今までの経験上1か月くらいで挫折するだろと思っていたのですが、そんなことはなかったようです。これは完全に理由があるので後述しますね。

そもそも何で日記帳なんかつけてるねんという話ですが、簡潔に言うと生活習慣の改善と持病の記録のためですね。実はわたくし、毎日コツコツ何かをするというのが苦手という悪癖があるんですよ。それを改善したいという目標がありまして日記帳を始めたのですが、日記を書くのは人生で初めてではなく、何度もやめております。スーパー3日坊主です。

でも持病の悪化もあり、病状を記録しないとならないという事情もありまして、故意にクッソ高い日記帳を買いました。これはほんとに3日坊主にききます。理由としては、

①装丁のきれいな高価な日記帳を買うと、「勿体ないから…!」と続ける
今までは100均で買ったノートとか、200円くらいのちょっといいノートに日記をつけていたのですが、初期投資が低いと「もういいや、めんどいから」とやめてしまうんですよね。今年はちゃんと日記をつけようという思いがありましたので、思い切って高価な日記帳を買いました。後でご紹介しますが、大体2000円~くらいのものです。このくらいの価格帯の日記帳だとノートというよりもハードカバー本です。勿体ないからというのも勿論ありますが、「本を書いている感」があって、そのリッチ感がモチベーションに繋がるんですよね。

②3年日記にすると、来年のことを気にして書こうという意志が生まれる
日記帳は1年、3年、5年、10年と書き続けられるものが多いのですが、今回は3年で買いました。理由は、「去年のこの日、自分は何をしていたのだろう」ということを確認できるからです。つまり、今の自分の記録であり、かつ未来の自分のための記録という意識が生まれるんです。だから、今日あったことをできるだけ頑張って思い出して、未来の自分が見た時に何か有益な情報にしたいという気持ちになります。あと、単純に「今日書かなかったら、来年見返した時にこの日だけが空欄になってしまう!なんか嫌!」という強迫観念で書き続けることもできます。

種類はどんなのがあるの?

先述のとおり、日記帳は1年、3年、5年、10年とあります。まずは何年分にするかを選びたいところですね。とりあえずお試しで1年でもいいけれど、さっきも述べたように去年の自分は何をしていたのか?を見返すために3年を買うのが個人的にはおすすめです。

ただ、1ページあたり1日のことが多いので、例えば10年日記を買うと1日あたりの書くスペースが狭くなってしまうというデメリットもありますので注意です。また、ものにもよりますが年数が多くなると割高になってる気がするんですよね。

年数を決めたら、あとはデザインです。表紙の好みで選ぶのは勿論のこと、中身のレイアウトもメーカーによって異なります。そこは大差ないといえばそうなのですが、天気を書く欄がある日記もあれば、ないものもあります。罫線が引いてあったり、引いてなかったりもしますので、好みに合わせましょう。実物が見たい場合は文具屋に行くとあります。

ミドリ

文具屋に行くと高確率で置いてあるやつですね。月ごとにインデックスが変わったり、ケースと日記の色が違ったりとシンプルにおしゃれなんですよね。数行しか書かないけれど10年もいらんという人には小さなミニタイプがおすすめ。3年日記は水色の日記に赤いカバー、茶色の日記に緑のカバーです。

アーティミス

¥1,870 (2024/04/13 12:52時点 | 楽天市場調べ)

これも有名なやつですよ!とにかく表紙が可愛いんです。カラーは9色ありまして、赤、青、白、黒、水色、ピンク、緑、紫、茶色です。これを買って3年ごとにカラーリングを変えようか悩んだくらいです。なお、アーティミスは星座モチーフの手帖もあるのでそれと合わせて持っていてもかっこいいですね。

¥1,870 (2024/04/13 12:52時点 | 楽天市場調べ)

ちなみにシンプルタイプもあります。

ディアカーズ

ディアカーズは色んな柄がありました!ルドゥーテとか星の王子様とか、リバティとかリサとガスパールとか、ほんとに多彩です。レイアウトは独特でょっと書くところ少ないですが、全ページとにかく豪華です。↓にリンク貼っときます。

日記帳 | 名入れ通販のディアカーズ
備忘録・育児にも使える連用日記帳。3年・5年・10年と、幅広く商品を取り扱っております。

実際に買ったやつ

さんざん悩んだあげく、わたくしが買ったものがこちらです!

日記|日記 3年連用 ウェイオブライフ (12080001)
日付を自分で書き込む、フリータイプの3年連用日記。箔押しが施された高級感溢れる表紙。クラシックな西洋風のデザインで、男女問わずお使いいただけます。保管に便利なケース付きです。中紙は、罫線と日付、天候の記入欄のみとシンプル。書いた文章が引き立...

雑貨屋の店頭で見て一目惚れして買いました。3000円だったと思います。ただこちら、探したのですがアマゾンにも楽天にも今現在在庫がないという…

メーカーはミドリです。中身のレイアウトはミドリが好きだけれど、もっと個性が強い表紙の日記が欲しいと思っていたところに見かけたんですよね。天気を書く欄にその日の体調をメモして、日ごとにペンのインクを変えて書くようにしています。万年筆5本くらい持っているのですが、常に全ての万年筆にバラバラのインクを入れているので、気分によって変える感じにしております。

日記の内容って、ネガティブなことを書くのか書かないのかで派閥がある気がする。ネガティブなことを吐き出した方がいい派と、ポジティブなことを見つけるくせをつけるために、今日あった素敵なことを一つでも思い出して!派がいる気がする。

どっちにしろ、自分の記録というのはなかなかいいものです。「去年何してた?」を思い出せる3年日記、ぜひいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました