お知らせ

スカイリムプレイ日記!72:怪しすぎるジジイを発見!脳筋ゴリラ探偵、ついに出番が到来!

スポンサーリンク

いきなりブッチャーのアジトを特定し、待ち伏せてお得意の乱闘に持ち込んでやろうと張り込みをした脳筋探偵ゴリラ。ところが一向に奴が現れなかったため、全然活躍の場に恵まれません…!しかし、ウインドヘルムの中で怪しいのはブッチャーと服がおそろの可能性があるアドナトさんブッチャーと凶器がおそろ(確定)のカリクストさんの2択が怪しいところまで絞り込みました。

さらに、ちょっとしたトラブルで見逃した会話を聞こうと録画を見返したところ、何故かカリクストさんの家の中に肉のようなもの地下室のようなものが映っていることが判明。これ絶対やべえだろ!と思った矢先に、もう1つ珍事が起きます。

深夜の町をぶらついていますと、なんと道端でカリクストさんが壁に凭れているのを発見したのです。この所作をするのはおそらく、特定の場所にいる特定のNPCだけ。これはちゃんと確かめないと駄目だ!と思ったゴリラは、以下のことを確認するためカリクストさんをマークすることにしました。

①深夜にキャンドルハース・ホール近くの壁に凭れるのは、毎日なのか
②録画で見たものは本当に肉なのか、地下室は本当にあるのか

ここまでが前回までの話ですね!簡潔に言いますと、カリクストさんがあまりにも怪しすぎるんです。でもそれは確かめれば分かること。今日は白黒ハッキリ付けようじゃねーか!さあ調査を開始だ!と駆け出したんですが、いきなりゴリラの耳に恐ろしい噂が入ってきました。

おい、待てこの会話…!確かホワイトランのブリーズホームが売り出しされてた時にも全く同じことを衛兵さんが言ってて…えっ、あの、じゃあ…

ウインドヘルムで買える家って、あそこなの?!

ヒジェリムというのは前回ゴリラが待ち伏せしたところであり、殺人鬼ブッチャーのアジトであり、肉魔法の儀式が行われていた場所であり、被害者の女の子の自宅でもあった場所です。なお、1階の床とか壁とかには血が飛びまくっており、何かしらの怨霊がいてもおかしくはないという感じです。

いや、いらねえええぇぇぇエェェーーーーーー!!!ゴリラ、独身ならまだしもルシアちゃんおるねんぞ?!そんな怖いホラーハウスになんか住めるわけないやんけ!ていうか、独身だったとしても独りじゃ怖くて住めねえよ!!

※吸血鬼を信じてないヴィルカスとか、亡霊をあまり気にしないファルカスとかと結婚していたなら「コワーイ♡」って言って守ってもらえるんですけれど、残念ながらゴリラはウェアウルフであるため2人と結婚できません。

衝撃的すぎる事態に動揺してしまいましたが、そんなことより今は捜査です!ゴリラが例の場所にやって来ますと…いたいた!カリクストさんですよ!今は普通の状態ですが、凭れていたのはこのへんの壁です。何時になったらカリクストさん、お家に帰るんだろ?と思って待機して時間を確かめていたのですが…

なんと、翌日になってもカリクストさんお家に帰らないんですよ…

いやこれ…イベント起こすためにスタンバってるんじゃないか?!

例えば同胞団でサークル加入イベントを起こすと、スコールパイセンとグランマが特定の場所に移動します。シルバーハンド襲撃やおんじの葬儀では、みんな特定の配置につきます。こ、これ…カリクストさん次にこの道端で事件起こそうと待っているんじゃ…そんで、同じ時間帯にここをうろついていたヴォルドシーちゃんを殺ろうとしているんじゃ…

このメタ情報、めちゃくちゃ重要なんじゃないか?!ですが、スカイリムはバグの多いゲームですから単純にバグってた可能性もあります。よし、ここは一度ウインドヘルムに入り直してもう1回確認だ!と確認したところ…

普通にバグってただけで、カリクストさんちゃんと家に帰りました。

いやここでバグなんかーーーい!!なんかすごい情報掴んだと思っちゃっただろ!これで①深夜にキャンドルハース・ホール近くの壁に凭れるのは、毎日なのかについては完全にゴリラの勘違いであることが分かりました。ですが、本命はそこじゃないですよ。1番やべえのは、肉のようなものと地下室の有無ですからね。

早速、カリクストさんのお家に向かいましょうか!ちなみにこの骨董屋さんはちょっと開店時間が特殊でして、お店はお昼12時くらい~午後5時くらいまでの営業時間のようです。

店のガイドツアーはもう録画で確認しましたので、前回は聞けなかった会話を聞いてみましょうか!

前にもちょろっと聞きましたが、カリクストさんは妹さんと2人で骨董を集める旅をしていたそうです。ですが、その妹さんは何年か前に亡くなってしまったみたいですね。今はカリクストさん1人でウインドヘルムに定住し、妹さんの思い出と共に骨董博物館をしています。

そして問題の肉なんですけれど…

ただの巨人のつま先じゃねーーーか!!!!

そして問題の地下室なんですが…

ただの地面でした!!!!

つまり、②録画で見たものは本当に肉なのか、地下室は本当にあるのかについては、またしても完全にゴリラの勘違いだったというわけです。脳筋探偵、あんまり脳みそが入ってないせいかすぐ思い込みで行動しちゃう悪い癖がありますね。

ゴリラ
ゴリラ

なんか腕の肉が置いてある!とか怪しい地下室がある!とかネットに書き込んでしまってすみません、カリクストさん!

ゴリラが勘違いについて謝罪したところで、また捜査が振り出しに戻ってしまいました。つまり、カリクストさんの怪しいところはブッチャーと同じ凶器を持っているという点のみということです。いやそれでも十分怪しいけどな?!

また、今回発見しましたがカリクストさんの家の中には名前付きの宝箱があります。民家ではわざわざ名前のついた宝箱って見かけないんで、これ絶対何かのイベントで関わってくるよな?やっぱりカリクストさんはただの骨董屋さんじゃないと思う。

ここでまた捜査が行き詰まってしまったわけですが…とりあえずゴリラが次に思い出したのは、ヴィオラ婆のことです。ブッチャーの家にあるビラをヴィオラ婆に渡したら、もしかするとブッチャーの目撃情報なんかが集まるかも?と思ったんですね。

ビラはヒジェリムの入口のチェストと家の奥の棚に入っていますが、入口のチェストにはまとまった数(しかも11とかいう中途半端な値)が入っているので、何かのヒントかもしれない、変に触らん方がいい!と思い、奥の棚から取りました。

するとクエストが進みましたよ!!

マジか!どうやらブッチャーの日記とビラを入手しないと証拠が完全に集まっていないという判断をされてしまうみたいですね。これでやっとヨルレイフさんに報告ができます!さらに、ビラを回収した直後に変な表記が出てきました。

何やコレ…

いや絶対これ肉魔法に関わるアイテムじゃねーか!!

だって、ドクロだもん!中央のデザインが!こんな趣味悪いデザインのネックレスなんて、肉魔法でエ●ゾディア召喚しようとしている奴の勝負服か、闇の一党の入会特典の2択じゃん!

とりあえずこれも回収しましたところで、まずはヴィオラ婆にビラを持っていきましょう!と言いたいところですが、時間帯が悪かったのか婆が見つからず…仕方ないので先にヨルレイフさんのところに行くことにしました。

おおおおお!選択肢が増えてます!ブッチャーについてと、アミュレットについてを聞くことができるみたいですよ!まずはブッチャーについて聞いてみましょうか。

どうやらヴィオラ婆はビラを配っていたのではなく、町のあちこちに貼っていたそうです。そしてブッチャーはそれを回収していたようですね。ブッチャーって被害者の家をアジトにしたり、同じ町で連続殺人を犯したりと大胆なところがあるわりに、なんかそういう神経質なところがあるんですよね。

次は、アミュレットについて聞いてみましょう!

あ、なるほどここでカリクストさんの骨董屋に行く話が出るのか!ていうか、カリクストさんがマジでブッチャーだった場合、これ見せたら間違いなくゴリラがアジトに侵入したことがバレるよな…?どういう反応を見せてくるのか分かりませんが、後で見せに行ってみましょう。

さて、ウルフリックん家を出るとちょうどよくヴィオラ婆がいましたので、ちょっとビラの件について聞きましょう。

ヴィオラ婆のことをお節介焼きだと思っている船長とは、やはり仲悪いみたいですね。婆はブッチャーを何ヶ月も追いかけており、見つけようしているそうです。どうやらただの噂好きお節介婆じゃなく、マジでまともにブッチャーに対抗しようとしていたみたいです。

何しろウインドヘルムでは戦時中のため、衛兵が事件まで手が回らないだけでなく、町の住民すらブッチャー探しに積極的ではないんだとか。確かに、婆以外でブッチャーをどうにかしようとしている奴見たことないもんな…ていうか、町の住民ってダイレクトに被害を受けている立場なのに、そんなことあるの?!

しかもそれどころか、皆は婆のことを「あちこち嗅ぎ回って迷惑をかけているだけ」と言っているらしいんです。ひ、酷ぉ!確かに婆のビラは、すぐ噂が共有される&住民が非協力的なウインドヘルム内で撒く意味はあまりありません。でも婆はただの噂好きババアではなく、人の命を救いたい真面目婆なのに!

ですが、ヴィオラ婆がブッチャーを刺激しているのは間違いないんです。奴は貼られたビラに反応してますからね。町の皆はそれを見て「変に突き回るな!」と言っているのかもしれない。でもブッチャーはウインドヘルムの治安の甘さにより狩りを成功させているので、実は婆はある種の抑止力なんですよ。ただし、焦ったブッチャーが狩りを急ぐかもしれないという推進力にもなってしまっている可能性もあるんですが…

でも婆がしていることが果たして吉と出るか凶と出るかはともかく、結局のところはこの脳筋探偵ゴリラがブッチャーをさっさと捕まえてしまえばいいわけですからね。すぐ解決するから安心してくれよな、婆ちゃん!

ところでヴィオラ婆にはブッチャーの日記を見せることができるんですが…なんとここで重要情報が判明します。ウインドヘルムって、魔術師いるらしいんですよ。

なるほど、ファレンガーおじさんみたいに宮廷魔術師がおるんやな?!

どうやらウインドヘルムにいるのはウーンファースという魔術師らしいんですが、なんとこの人、死せる者とかいう物騒なあだ名がついているんですね。しかも怪しい噂があるとかいう話らしいんです。どういう噂か詳細は知らないですが、町の住民からは薄気味悪がられているみたいです。

前にも言ったとおり、ブッチャーはウィンターホールド大学に所属していた魔術師の可能性があります。そして、肉魔法というエ●ゾディア召喚にハマったわけですが…ウインドヘルムで唯一の魔術師がきな臭い噂を持っているって、重要情報すぎないか?!

で、この時ヴィオラ婆は「この話は執政にした方がいいよ!」とゴリラにアドバイスしてくれました。何しろ、宮廷に出入りしてウルフリックに仕えている魔術師が容疑者です。事によってはウルフリックとかが弁護に干渉して事態が複雑化する可能性もありますから、根回しは慎重にね!という心遣いだと思います。

なんか、この町の婆ちゃんってすげえよな?!

すぐに凶器特定したヘルグリッド婆とか、ソッコーで犯人に当たりをつけてくるヴィオラ婆とか。あまりにも婆ちゃんが優秀過ぎる町ウインドヘルム…!ホワイトランではコドラクおんじやエオルンド爺といったすごいジジイがたくさんいましたが、ウインドヘルムは婆さんが優秀なんですね。

さて、ヴィオラ婆から重要過ぎる情報を聞いたところで、忘れないうちにカリクストさんのところでアミュレットを見てもらいましょう!これ大事な証拠やからな。ということで見てもらったんですが…

なんとこのアミュレット、伝統的に王宮魔術師に受け継がれるものらしいんですよ。
えっ、じゃあウーンファースとかいう奴、ほぼ黒やんけ!!

ところが、ここでちょっとおかしな話になったんです。カリクストさんが言うには、このアミュレットは儀式に使うものであってウーンファースは要らないらしいんです。で、「あいつにはあげたくない!」と言われたんです。

あれ?「返したくない」ではなく「あげたくない」ということは、現在このアミュレットの所有権はウーンファースにはないということです。つまり本来は王宮魔術師が持っているべきものであるけれど、あいつまだ持ってないってこと?じゃあ、なんでブッチャーがそんなもの持ってるんや?

妙に引っかかりを感じたけど、それはまあいいとして…ここでまた有力情報です!

どうやらウーンファースは死霊術師であるという噂があるそうです。で、ヴィオラ婆も似たこと言ってたじゃないですか。死せる者とか。もう絶対そいつじゃねーか!!

ちなみにこのアミュレット、カリクストさんからは売ってくれと言われたんですけれど、ゴリラは売りませんでした。このアミュレットと日記という証拠を見せてやったら、ウーンファースはどんな顔をするんだ?って思ったんですね。

さすがにここまで揃ってたら言い逃れ無理だろ、これは!脳筋探偵ゴリラ、ここに来て完全推理を組み上げられましたよ!カリクストさんは「それ収集家にしか価値わからんって~」とアミュレットを欲しそうにしていましたが、大事な証拠ですからね。多分これ、うっかり売ったら証拠が欠けてヤバいんだと思う。危ねえ…!

よっしゃ、そうと決まればウルフリックん家に行って、ウーンファースと直接対決じゃい!!
勝ちを確信した脳筋探偵、勇ましくウルフリックん家に駆け出していきます!!

…ところで、ここで思い出していただきたいことがあるんですね。

あの、脳筋探偵、「色々なところに影響があるだろうから、執政を通した方がいいよ」っていうヴィオラ婆の気遣いをまるっと忘れているんですよ…!もうウーンファースという有力情報で頭がいっぱいになっちゃって、直接対決して白状させてラストバトルになるんや!ってことしか頭になくて。

ですが、結果的にこのミスがあんなことになるとはな…

ウーンファースはあまりにも怪しすぎる!ゴリラパワーでしばくしかない…!そう思ったゴリラはヴィオラ婆の助言も忘れ、ウルフリックん家に乗り込みました。そして早速、奴のお部屋にお邪魔しましたところ…いますよ!ファレンガーおじさんみたいなシルエットが!

まずは話しかけて、様子を見ましょうか。ていうかウーンファース、口調からして結構な頑固ジジイっぽいぞ、これ…どことなくヴィグナー爺系のめんどくささがにじみ出てるもん、この爺さん。

※ヴィグナー爺は確かにめんどくさいですが、皆からは「歴史をたくさん知ってる!」と尊敬されている物知り爺さんでもありますので、敬意は忘れないようにしましょう。

ちなみにこのウーンファースですが、がっつりストクロに協力する感じの魔術師です。ウルフリックならただで助けてあげるけど、他の奴からは金もらうからな!というスタンスでして、どことなくツンデレの気配を感じる爺さんでもあります。でも今はウーンファースの属性とかはどうでもいいんです!

ゴリラ
ゴリラ

おい、ジジイ! お前、死霊術してるらしいな?

ウーンファース
ウーンファース

私は大学の名士だぞ、無礼ゴリラが!

魔術師ギルドでは死霊術なんか、何百年も禁止しとるわい!

ゴリラ
ゴリラ

お前の日記見つけてますぅ~! アミュレットもあるぞ、はい論破!

ウーンファース
ウーンファース

は? 日記なんかつけてないか!?
てかアミュレットってどれや、見せてみ。

ああ、これな。頭蓋骨でできた死霊術師のアミュレットやな。やっぱ事件に死霊術が関わってるらしいわ、お前の推理半分は合っとるぞ。カリクストはただのオカルトマニアやからな~、まあよくある間違いやな。

なんか…ウーンファース、めっちゃ冷静なんですよ。あれ?こんなはずじゃ…!ここで奴の化けの皮が剥がれてバトルになるはずだったんだが…?!ていうか、奴を論破するつもりで乗り込んだのに、ゴリラ逆に丸め込まれてない?!

とか心配をしていましたところ、突然ウーンファースがとんでもないことを言い出します。

えっ、ウーンファースお前…殺人事件を気にして独自に調査していたの?!つまり、この町でダブル婆以外で、唯一まともに事件を調査していたっていうこと…?!えっ、じゃあこいつ、いい奴じゃん!

1番の容疑者だったはずのウーンファースが、ここでまさかの捜査協力です。しかも、それだけではないんですよ。ウーンファースは色々調べた結果、ある答えに辿り着きました。

なんと明日の晩、石地区で事件が起こるらしいということまで分かります。マジで?!

ウーンファースがもしブッチャーであるのなら、そんなこと教えるわけないよな…だって、普通にしらを切る方がええに決まってるやん、「私は大学の名士だぞ!」とか言って。それをわざわざ、次回の事件がどこなのかの予想を教えてくれたんです。

ええぇ~?!こいつ…なんかいきなり白っぽくなったぞ?!

結局のところ現時点ではウーンファースの可否はつけられないんですけれど、事態は進展しましたね。ウーンファースが本当のことを言っているのならブッチャーを現行犯逮捕できますし、もし石地区で何も起きなかったとしたら、嘘をつかれたということが分かります。

とにかくこれは明日の夜まで待ってみないことにはどうしようもないですね。とか冷静に言っていますが、内心とってもドキドキです。だって、時限のつくクエストって初めて見たもん…!怖いに決まってるじゃん!!

この後、ヴィオラ婆に話しかけましたが特に会話は起きませんでした。まあヴィオラ婆に明日のことを教えてしまったら、ブッチャーもそれを知ってしまって犯行が起こらないとかあるかもしれないですからね。仕方ない。でもヴィオラ婆絶対危ないと思うんだけどなあ…!

また、ヨルレイフさんに報告することもできないみたいですね。多分ですが、報告しちゃったら衛兵がブッチャーを待ち伏せしちゃって、ブッチャーに張り込みを悟られるからとかなのかもしれない。つまり、ゴリラが極秘に動き、ブッチャーとサシで勝負するしかないようです。

ヒエッ、責任重大じゃん!!

さてここでゴリラ、ようやく現時点での1番の容疑者カリクストさんのことを思い出します。明日の晩に出かけるから店を閉めるみたいな会話イベントが起きるかな?と期待したのですが…

なんと、営業時間内のはずなのに店が開いてないんです…

お、おいこれもしかして…イベント場所、つまり事件現場に移動したんじゃないのか?!

まずゴリラが1番に怪しんだのは、カリクストさんが何故か夜中に凭れていた街角です。ここはブッチャーに恨まれているであろうヴィオラ婆が通る道ですし、深夜帯ならヴォルドシーちゃんという若い女の子がうろつくことも分かっていますから、事件が起きるならここじゃないか?!と思ったんですね。

因みに現時点ではカリクストさんはいないみたいです。夜になったら現れるんでしょうね。

で、念の為にほんとにここが石地区かどうかを確認しようとしたのですが…

なんと、マップに石地区みたいな表記が出ません。さらに言うと、ヨルレイフさんとか宿屋の女将のエルダさんとか船長とか衛兵さんとかウーンファースとか、その他色んな人に話しかけたんですけれど、石地区がどこなのか誰も教えてくれません!

えっ、うそヤバい!!この町って案内板とかないから、どこが石地区なのか分かんないよ!!

そこでゴリラは、市場なら人がたくさんいるんだから誰か教えてくれるんじゃないか?!と思い、市場に行ってみました。なお、この時点で事件当日の午後だったと思います。もう、めっちゃ焦った。

教えてくれる人がなかなか見つからなかったことにじゃないですよ。

市場に入った瞬間、女の子の「助けてー!」っていう叫び声が聞こえたんです!!おいぃい!!まだ夕方くらいやぞ?!白昼堂々、ヤバいことが起きてるじゃねーか!!

そうなんです、実は石地区というのはこの市場があるゾーンのことなんです!!ゴリラはそれを知らなかったので、呑気に事件現場に入り込んでしまったんです!

そしてゴリラが慌てて市場に乱入しますと…カリクストさんが短剣持って構えてました。

この姿勢、実は短剣を装備しているNPCの戦闘態勢です。 ↓参考:シルバーハンド襲撃時

つまり、カリクストさんは今にもアリバンヤちゃんを殺ろうとしているんです!しかもNPCの「助けて!」というセリフですが、おそらくこれは自身のHPがヤバくて敗走している時のものです。これについては後で説明しますが、とにかく今はのんびりしている場合ではありません!

ウワアアァァ!!ヤバイヤバイヤバイ!!と思った脳筋探偵、咄嗟に突撃です!

衛兵が目の前にいたので最悪通報されるかも、と思ったのですが、通報はされませんでした。そしてクエストの「犯人を追う」が完了となりましたので、やはりカリクストさんがブッチャーで間違いなかったようですね…う、うわああぁぁ…!アタリはつけてましたが、実際町中で一般人を殺るってすごいびっくりする…!

ところで、ゴリラがカリクストさんに尋問とかを考えず、すぐ突撃できたのって結構不思議なことだと思いませんか。これには理由があります。

同胞団のバグで破棄したセーブの話なんですが…実は町中でNPCがNPCを殺すところを見たことがあるんです。で、その時ゴリラはまさか町中でそんなことが起きるとは思っていなかったため反応が遅れて間に合わず、被害者の女の子は一撃で犯人に即殺されたんですね…

これがさっきの「助けて~」の話に繋がってくるんですが、スカイリムにおいて一般人の子はある程度HPが設定されており、普通にドラゴンとバトルもします。なので、「武器を持って近づく」だけでは多分「助けて~!」って言わないんですよ…!

※武器を抜き身で持っていると、大抵は「なんだお前、やめろや!」とキレられます。

で、山賊さんとか野良吸血鬼は、HPが大幅に減ると「助けて~!」と言い出します。つまり、別の町で殺されてしまった女の子とかアヤバンヤさんはイベントのためにHPの上限がものすごく低く設定されていた可能性があるんです。

だからこれあかん!また女の子が目の前で殺されてしまう!と思って、一か八かカリクストさんに襲いかかったんですね…因みに飛びかかった瞬間にフィニッシュムーブが入りましたので、おそらくカリクストさん自体もHP上限が削られていた可能性があります。

てか衛兵さんには通報されなかったけれど…もうこの町歩けねーよゴリラ!

確かに、ゴリラが恐ろしい殺人鬼を討伐したことは事実なんです。間違いなく町のために尽くしたんです。ですが、人がたくさんいる市場の真ん中で殺人鬼の首をへし折った凶暴ゴリラとか、皆あんまり友達になりたくないだろ!!

お、俺はこの町でもう友達ができんかもしれん…ていうか、ここに引っ越ししたらルシアちゃん学校で「や~い、お前の父ちゃん凶暴ゴリラ~!」っていじめられるかもしれん…!

正しいことをしたはずなのに、ちょっとショッキングな気持ちになってしまった憂鬱ゴリラですが、念の為にとカリクストさんのファッションチェックをしていたところ…なんと鍵が出てきました。

あ、これカリクストさんの家にあった名前付きの怪しいチェスト開くんじゃない?!何が入っているのか分かりませんけれども、後で確かめにいきましょう!何かしら肉魔法についてのヤバい真実とか、どんなデイドラが関わっていたかとか、分かるかもしれないし。

そして道中で、さっき助けたアヤバンヤちゃんに会いました。さっきは怖かったよね?大丈夫?と話しかけてみたら、わりと大丈夫そうみたいで良かったです。ていうか、多分あれほっといたらこの子殺されたよな…?ヤバいかも!と思いながら突撃して良かったです。

さて、カリクストさんの骨董屋にやってきたゴリラは早速、チェストの中身を検めました。

なんと中身はエンバーミングツールがぎっしりと、ブッチャーの日記でした…

I continue to collect your new form from the ragged bits around Windhelm. If they only knew what destiny would soon grace their bodies, with your spirit imbuing them with higher purpose, they would surely thank me for the great gift I give them. I reserve for them a place of beauty alongside your heart.

https://elderscrolls.fandom.com/wiki/Butcher_Journal

And I will show you this and it will be as delivering a long-forgotten letter to a weary traveler.

https://elderscrolls.fandom.com/wiki/Butcher_Journal

どうやら、カリクストさんは数年前に亡くなった妹さんを復活させようとしていたようです。肉魔法というものへの好奇心や知的探究心に起因した凶行ではなかったんですね…因みにデイドラとは関係なさそうでした。

ところで死霊術に傾倒する人というのは、2種類います。メリディア様の神社に入り込んでデスメイドカフェを作ろうとしていたマルコランみたいに、手下としてコスパのいいスケルトンが欲しいタイプと、以前読んだ『大いなる旅』のように、死んでしまった大事な人を生き返らせたいタイプです。カリクストさんは後者ですね。

死霊術は今回のように他人を犠牲にしたり、墓荒らしをしたり、幼い子どもに危害を加えることもあるようですので、勿論いいものではありません。でも、死霊術師の子に対して頭ごなしに「悪党め!」って言いづらいんです…

何故なら、ゴリラも似たことをしたことがあるからです。序盤で誤爆して相棒を殺してしまった時、リセットしているんですね。これは昔に培われた癖でして、ファイアーエムブレムという戦略ゲームの影響です。あのゲームは仲間が死んだら生き返りませんので、大抵のプレイヤーは仲間が死んだらリセットするんです。

ですがゴリラのみならず、スカイリムでも大事な従者や結婚相手が死んじゃった時には皆リセットするでしょうし、場合によっては生き返らせるコマンドを使う方も普通にいらっしゃると思うんですよ。そもそも、スカイリムには不死属性をつけるコマンドやMODも存在していると聞いたことがあります。やはり人間の心情として、「生き返らせる手段があるなら生き返って欲しい」って、そんなにおかしな話じゃないんですね…

でも、カリクストさんにはそんなコマンドもリセットボタンもないじゃないですか…だからこうするしかなかったんやろうな。死霊術が存在してない世界なら諦められたかもしれんけど、タムリエルにはあるんです。ゴリラだって、リセットボタンがなかったら相棒のことは諦めたけれど、あったからリセットしたんだもんな。

しかし、だからといって生きている他人の命を勝手に換金してはなりません。実はブッチャーは日記に、「この町はろくでもない奴ばっかりやからな!」みたいなことも書いています。そいつらの命を集めて、もっといい人生を歩んだはずの妹を生き返らせるのはいいことだ!と思っていたのでしょう。

なんか、知的好奇心が異常でヤバい魔法にのめりこんだ頭おかしい狂人がやりました!じゃなかったのがショックすぎる…後にもちょろっと述べますけど、ほんとこのクエスト精神的にキツイよぉ…!

とりあえずその話は置いといて、関係者に報告にいきましょうか。まず、ヴィオラ婆に報告しようとしたのですが、なんと特殊な会話は起きませんでした。ていうか、町のほとんどの人はブッチャーがいなくなったことに別に反応しないんですよね…!これ皆ちゃんと安心できてるのかなあ…

あと、関係ないんですけれどブランウルフさんがエルダさんを口説いているところを発見しました。

ブランウルフさんって町の中にまあまあいい感じの家あるんですけれど、リフテンの西側に家を建てようかな~みたいなことを言ってました。そしてその流れでエルダさんにさりげにアタックです!

ロマンチストすぎるゥ!ノルド男子って基本無骨なのに、自然と女性に対して「美しい」なんてセリフが言えるだと…?これはゴリラも見習った方がいいですね。いつか美しいウェアウルフ女子(男子でも可)に出会った時にはこのセリフをパクらせてもらいましょう!

でもブランウルフさん、あんなでかい家あるのにどうしてリフテンに移ろうとしてるんでしょうね。エルダさんは店もあるんだし、ウインドヘルムに住んでる方が何かと都合良さそうなのに。因みにエルダさんはさらっと「素敵なお話ね」で流していました。が、がんばれ!ブランウルフさん…!

あとウーンファース爺のところにも行きましたが報告はできませんでした。そんでその時気付いたんですけれど、なんと爺の机の上にはエンバーミングツールが!

ブッチャーの凶器と形は違いますが、もっと早い段階でこれ発見してたらウーンファース爺のことめちゃくちゃ疑ってたよ!!ていうか、爺の机の上には血のついたドクロが置いてあったりしますし、町の人が爺のことを疑ってしまうのも分かる気がする…

ただ、爺はとっても真面目だしプライドのある魔術師ですから、死霊術は絶対してないと思う。それに、ヴィオラ婆以外で町の人のためにブッチャーを追ってくれるという優しさもありますしね。ちょっと頑固ジジイっぽいけど。

最後に、ヨルレイフさんに報告にいきましょう!遂にブッチャーを倒しましたから、これで当面の間はウインドヘルムに平和が戻ります。勿論、この町は他にも色んな問題を抱えているけれど、緊急事態は何とか回避したということです。そんで報告しますと、こんなことを言われます。

え、カリクストさんって前から怪しかったの?!

カリクストさん兄妹は他所から来た人達ですし、冒険家という職業のグレーさも相まってそもそも町に馴染めなかったんでしょうね。だって、馴染めてて町の人に好意があったら、ここでエ●ゾディアのパーツ集めしねーもん!カリクストさん、町の人のことを妹よりも価値のない死んでもいい連中って思ってたもんな。

勿論、そんなんアカンに決まってるやろ!というのは倫理的にも法的にも事実です。だけど、それって客観の話やねんな…例えばですが、先ほどゴリラは誤爆で相棒を殺ってしまったことがあると言ったじゃないですか。

仮に、スカイリムがリセットできないゲームだったとしましょう。で、相棒が死んで永遠にロストが確定した時、もう今後何千何百時間プレイしても相棒とは二度と会えないと決まった時、デイドラから「お前が同じくらい大事にしているファルカスを犠牲にしたら、ファエンダルを生き返らせてあげる」って交渉を受けたとします。でも、ゴリラはそれ絶対断ると思う。むしろ、相棒のことは大事な思い出にして、これからはファルカスと生きていくと誓うでしょう。

ですが、これがもし「お前とは何も縁もない、何なら犯罪教唆をしてきたブリニョルフを犠牲にすれば、ファエンダルを生き返らせてあげる」っていう話だったらどうでしょうか。多分、ゴリラは間違いなくブリニョルフを殺ってます。ゴリラは同胞団に所属しているから、こういう答えになるわけです。でも逆に盗賊ギルドに所属している子であれば、おそらくファルカスとブリニョルフが逆になりますよ。誰かにとってどうでもいい人は、誰かにとって大事な人なんですね。

カリクストさんは町に馴染めなかったんじゃない?と述べましたが、きっと妹と同じくらい大切な人というのを他に見つけることができなかったんでしょうね。だから道行く誰も彼もが妹よりも価値が低く見えてしまったんだと思う。カリクストさんは重罪を背負ったヤバい自己中野郎でしたが、悲しい奴でもあったよな…

でも、犠牲になってしまった女の子達の遺族は未だに深い悲しみに暮れています。ブッチャーを殺したからって、女の子達が帰ってくるわけではないんです。そのためか、ゴリラは遺族から一切礼は言われない=事件解決は慰めになっていません。頑張ったけど、マジで誰も幸せにできなくて悲しい…

何だかしんみりしてしまう事件でしたが…これにて一件落着です!誰かが幸せになることはなかったけれど、これ以上の悲劇を食い止めることには成功しました。さらに、事件を解決したことによって衛兵さんが今後は好意的になってくれるみたいです。まあ、ゴリラ将来的にはウルフリックと魔口砲撃ち合いバトルをすることになっているんですれども…

さて、事件も無事解決したということで、ホワイトランに帰って荷物整頓をしていたゴリラ。次は誰からの依頼に取り組もうかな~なんて呑気なことを言っていたのですが、ここで恐ろしい事件が発生します。

あれ…?

えっ、このアミュレット…「クエストアイテムは所持品から削除できません」って…

バグってんじゃねえかああぁぁぁァァーーー!!!!

せっかく事件を解決したのに、殺したはずのブッチャーからまさかの所持品非解除バグという復讐を受けてしまいました。物が物だけに、確実にブッチャーの怨念がこもっているであろう呪いのアミュレットが所持品から外せなくなってしまいましたよ!!嫌過ぎるゥ!!

おかしいなと思って調べてみましたところ、どうやらこの呪いのアミュレットは事件解決までにカリクストさんに売却しておかないと所持品欄を呪い続けるという厄介なアイテムであったことが判明しました。ゴリラは「ウーンファースが怪しい!奴に証拠を見せ付けてやる!」って言ってアミュレットを売らなかったんですよ…!クッソオォ!

ですがこのクエスト、証拠品を回収した後の流れは比較的早いですし、誰が犯人かももう知っています。ここはセーブを巻き戻して、ささっと解決してしまいましょう!

ということでセーブを巻き戻して全カットするつもりだったんですが、ちょっと初見とは状況が変わっていましたので、そこだけご紹介しておきますね。

まず、証拠を回収した後の話なんですが、初見ではゴリラはヴィオラ婆を見つけられず、先にヨルレイフさんに話しかけました。ところが2回目ではヴィオラ婆を見つけていましたので、先にヴィオラ婆に話しかけたんです。

すると、ヨルレイフさんの選択肢が変わったんです…

なんと、ヴィオラ婆の話を聞いたゴリラがウーンファース爺を犯人だと決めつけてしまい、ブッチャーのことやアミュレットのことを聞く選択肢がなくなっているんです!

つまりこのクエスト、証拠品を集めた後にヨルレイフさんより先にヴィオラ婆に話しかけてしまうと、もうほぼウーンファースで犯人が確定みたいな流れになってしまうんです!危ないよこれ!何も知らずに先にヴィオラ婆に話しかけてたら、犯人が爺だと思っちゃうよ!

※因みに、この時ウーンファース爺が犯人だと決めつけると爺が逮捕されるらしい。

ですが、選択肢はそうなるものの、ヨルレイフさんにチクりさえしなければ爺は逮捕されません。冷静にカリクストさんのお店に行き、アミュレットを売ってしまいましょう!

この時、必ずウーンファース爺のところに行くよりも先にカリクストさんにアミュレットを売るようにしなければなりません。実はウーンファース爺に話しかけてシリアルキラー予報をしてもらうとフラグが立ってしまうようで、カリクストさんがイベント場所(石地区)に移動してしまいます。そのため、アミュレットが売れなくなります。

因みに、ウーンファース爺との会話では別にアミュレットの現物はなくて大丈夫です。

あとここでもう1つ、注意があります。

ウーンファース爺は「明日の晩、石地区で事件が起こるぞい!」って言うじゃないですか。ところが、実際はこの会話が起こった時点でカリクストさんが市場に移動しているみたいでして、石地区の市場に行くとすぐに事件が起きてしまいます!

ゴリラは現場も犯人も知ってますから翌晩まで待ち伏せしてやろうと思い、爺に会った日の午後四時半くらいに市場に入りました。すると、事件が起きたんですよ!翌晩どころか、その日の夕方です。

爺のシリアルキラー予報、外れとるやんけえぇぇ!!

とか言いながら突撃しました。前回同様、アリバンヤちゃんを守ることに成功しましたよ!そしてここで、カリクストさんに売った呪いのアミュレットが死霊術師のアミュレットにグレードアップされてゴリラの元に戻ってきます。

効能はマジカ50UP、召喚のマジカ25%減少、そして体力とスタミナが鬼減りします。分かりやすく言いますと脳筋ゴリラには全く不必要な、ちょっとデスい感じの厨二病ファッションアイテムです。

パンクロックですとかヘビーメタルみたいなイケてるファッションをする時には是非このペンダントを下げて、ファンキーでクレイジーなモヒカンのおネェちゃんとかを口説きましょう。

因みにこのクエスト、他にもちょっとしたバグがありまして「ヨルレイフの協力を得る」というクエストがクリアできていないことになっていたりします。これに関しては特に実害はないので放置しました。

いや~…それにしてもウインドヘルムに来て早々、とんでもない事件に巻き込まれてしまいましたね…!ウインドヘルムはただでさえたくさんの問題を抱えた町なのに、いきなりのヘビー級クエストにびっくりですよ。

しかも、将来的にもらえる予定の邸宅がその事件の殺害現場なんだよな。なんか初っ端から気が滅入りそうですが、そんなことを言ってる場合ではありません。ウインドヘルムにはまだまだ困っている人がいっぱい居ます。ここからは脳筋ゴリラのパワーを余すところなく発揮し、ウインドヘルムの皆にちょっとでも幸せをもたらしましょう!

といったところで、次回は実写回になります。

次回『ハッピーバースデー!孤独なゴリラの1人誕生日会!』

お楽しみに!

↓前回

↓次回

¥6,910 (2024/05/29 21:48時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました